本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら


多様な陶器生産システム構築事業

事業目的


 沖縄県における焼き物(やちむん)は琉球王朝時代より伝統的に引き継がれてきたもので、文化的な価値が高く、観光産業と連携して県経済に貢献している。ところが近年、伝統工芸品は時代の波を受け、安価な輸入食器や洋食器を使用する食生活の変化へ対応が求められる状況に置かれている。
 平成18年度に行った調査(沖縄県工業技術センターの先導戦略事業)によると、県内で生産する陶器は、品質面(欠けやすさ、収納性の悪さ、食器洗い乾燥機への不対応)と量産産化(必要な時に必要な数が手に入らない)に課題があることから、ニーズはあるものの実際には利用が敬遠されており、販売機会を逸失しているという結果が報告された。
 県内で生産される陶器の品質面での改善や、量産化が実現できていない最も大きな要因の一つとして、良質で品質の安定した坏土(はいど:焼き物を作るための生地土)を供給できていない点が挙げられる。良質で安定した坏土が供給できれば、陶器の品質改善や量産化の実現が見込まれる。
 本事業では、県産坏土の品質改善をメインテーマに、坏土生産技術、陶器量産化技術とともに、ユーザーの観点を重視したデザインに更なる魅力を創出するための製品開発・情報発信等について検討を行い、沖縄県の陶器産業を振興させるシステムを検証し、県内陶器産業をはじめとした県経済の活性化に資することを目的とする。

部会紹介

◇事業実施内容

○坏土の高品質化、安定化、機能性の追求  
○量産化(反復生産)技術の開発、  
 製品品質の安定化
○新たな用途・販路の開拓、製品開発の仕組みづくり、
 情報発信

◇実施期間

 平成22年度〜平成24年度

◇実施体制

◇事業実施フロー