本文へスキップ

壺屋陶器事業協同組合

電話でのお問い合わせは098-866-3284

メールでのお問い合わせはこちら

壺屋焼とは(2)History & characteristics

壺屋焼の歴史

琉球における焼物の歴史は、考古学的年代の土器を除くと、城跡から出土する高麗瓦等から始まる。
琉球王朝が、海外貿易を盛んにしていた14〜16世紀頃に中国や南方諸国の陶磁器が豊富に持ち込まれ南蛮焼の技術が伝えられたのもその頃だといわれている。  
しかし1609年に薩摩の島津藩が琉球に侵略、薩摩の治政下におかれ海外貿易が下火になると、琉球王朝の尚貞王は産業振興の目的で薩摩から朝鮮人の陶工(一六、一官、三官)を招いて、湧田窯にて朝鮮式陶法の習得に力を入れ始めた。
この時から上焼が焼かれるようになり、今日の壺屋焼の主流を占める、伝統技術の火が灯されたのである。
そして1682年に王府の手によって美里村知花窯(現・沖縄市)、首里宝口窯、那覇湧田窯が牧志村の南に統合され、現在の「壺屋焼」が誕生したのである。
王朝時代は技に磨きをかけた作品を王に献上、その功績によっては新家譜を賜り、士族へとり立てられるなど高い評価を得、多くの名工を輩出した。  
その後明治維新という大きな政治改革の波を受け琉球王朝は幕を閉じ王府の庇護から自由競争に入る。日露戦争による一時的好景気にはなったものの、本土特に有田焼から安価で軽い焼物として大量に流入し一般庶民に浸透され壺屋焼は最大の危機に立たされることとなった。  
だが民芸研究家や陶芸家の第一人者である柳宗悦、河井寛次郎、濱田庄司等が来沖し壺屋焼の陶工に技術を研磨させ沖縄工芸の素晴らしさを東京や京阪神に発信したことにより壺屋焼は廃絶を免れ壺屋焼の陶工達は自信と誇りを取り戻し、戦後に望みを繋げた。  
沖縄は、第二次世界大戦において地上戦の舞台となり大きな痛手を受けたが、幸い壺屋地区は比較的軽微な被害で澄み壺屋の復興はいち早く行われ徐々に壺屋焼の勢いを取り戻す。
しかし同時に住宅密集地になったため今度は薪窯による煙害が深刻な問題となり那覇市は公害対策のため薪窯の使用禁止をすることにした。
壺屋に残る陶工は薪窯からガス・灯油窯に転換、薪窯にこだわる陶工は当時基地返還による広大な土地転用を模索していた読谷村に移窯することになった。
読谷村は元々読谷山花織等、伝統工芸には根付いた地でありまた周辺には良質な土が豊富にあったため陶工には最適の場所となって壺屋とは違う「やちむんの里」が出来るほどになっていった。
日では壺屋や読谷村以外にも沖縄本島離島全域に分散する運びとなっている。

窯濱田庄司夫妻と壺屋焼陶工達


壺屋焼を中心とした琉球・沖縄年表

年 度
陶 器 ・ 壺 屋 焼
1616年 朝鮮陶工、一六、一官、三官が薩摩より来流。湧田にて指導する
1667年 宿藍田、上焼を釉薬を工夫し茶壷・茶碗を製作
1670年 平田典通、中国より上焼と五色玉の技法を習得
1673年 花城親雲上、知花にて築窯。天水甕を製作
1682年 知花、湧田、宝口の三窯場を牧志邑の南(現在の壺屋)に統合する、壺屋焼の始まり
1708年 和久田(湧田)村の渡口二也、前任龍福寺の法林和尚の獅子型の骨壷を作る
1719年 冊封副使・徐葆光、来琉し、「中山伝言録」に城獄から壺家山を見て、国中の陶器を出産する所と記述する
1724年 泉崎村の仲村渠致元、八重山島に渡り「壺屋焼並上焼物の方」を伝授
1731年 仲村渠致元と賀数、薩摩の苗代川と立野窯より焼物の技法を伝授。帰国後、湧田において磁器を焼く
1736年 仲村渠致元が薩摩の献上品烟盆の火取・灰吹を製作
1743年 仲村渠致元、壺屋村に築窯す
1800年 冊封副使・李県元、来琉し、「使琉球記」の中で壺屋山を視察したことを記述している
1847年 ベッテルハイム、壺屋の仲村渠築登之の屋敷に赴き、窯などを見学
1853年 ペリー来琉
1854年 琉米修好通商条約締結
1879年 琉球は廃藩置県から沖縄県になる
1880年 清が先島諸島の割譲を申し入れ、合意はするが調印せず
1894年 日清戦争勃発、日本の勝利により琉球は日本の主権となる
1904年 日露戦争勃発、兵隊用のお酒が泡盛を使用されることがあったため入れ物として壺屋焼の甕が使われた
1910年 農商務省工業試験所帳技師北村彌一郎、壺屋を視察。陶土の試験を行う。翌年1911年9月15日沖縄毎日新聞上に結果を発表
1917年 壺屋陶器販売購買生産組合設立
1918年 浜田庄司・河井寛次郎来県、壺屋を視察
1921年 鎌倉芳太郎、沖縄女子師範・県立第一高等学校の図画の教師として赴任
1924年 鎌倉芳太郎、琉球芸術調査事業の補助を受ける。伊藤忠太来県
1927年 沖縄県工業指導所を県庁内に設置
1938年 柳宗説来県
1939年 4月  浜田庄司、河井寛次郎、田中俊雄ら来県。「工芸」99号に壺屋を紹介
12月 沖縄民藝調査団(柳宗悦団長)来県、翌年1月まで滞在
1940年 日本民芸協会主催「琉球観光団」来県
1941年 太平洋戦争勃発
1942年 柳宗説の編集による「琉球の陶器」発行
1944年 十十空襲(那覇市大空襲90%壊滅)
1945年 3月29日、米軍、慶良間諸島を占領
4月01日、米軍沖縄本島上陸
6月23日、第32軍司令官牛島満自決、実質的沖縄戦終了
10月23日、壺屋の焼物、兼城の筵に就て優先的に移動を申請近日中に先遺隊の派遣が許可される
10月24日、焼物、バケツ、カナダライが配給となる
10月31日、那覇地区の先遺隊は焼物及び瓦製造の場所のみとする
11月07日、軍政府は輸送手段を計画。牧志地区はまだ許可を得ず
11月10日、城間康昌を団長とした先遺隊陶器及び瓦工業復興のため、壺屋に入る
11月15日、大城鎌吉を団長とした先遺隊陶器及び瓦工業復興のため、壺屋に入る
1946年 (資)壺屋陶器工場、沖縄陶器(株)設立
01月、壺屋は糸満地区になるが、4月に那覇市に昇格
1948年 那覇市主催工藝復興展覧会開催。(新垣栄世、3等賞をもらう)
1950年 (資)壺屋陶器工場解散
1951年 小橋川源慶、小橋川清秀、新垣栄世、高江洲友丈、高江洲康謹らの五人組結成するが1年で解散
群馬政府主催の産業復興共振会開催。(小橋川永仁、2等賞をもらう)
1954年 金城次郎、新垣栄三郎「第一回陶芸二人展」
沖展に工芸部門(陶器・漆器・織物・紅型)設置
1958年 金城次郎、新垣栄三郎・小橋川永昌「第一回陶芸三人展」
1964年 「壺屋窯の会」結成(3月)。壺屋南蛮復興会結成
「壺屋窯の会」第一回作陶展開催(8月)
1969年 ヤチムン研究会(現在のヤチムン会)結成
1970年 このころから壺屋にガス窯が導入される
1972年 金城次郎が県の無形文化財保持者に認定される
1973年 南ヌ窯が県の文化財に指定される
1974年 東ヌ窯、5月で窯の操業をやめる。登り窯に代わり、ガス窯が使われるようになる
1975年 壺屋陶器事業協同組合設立
1976年 壺屋焼が通産大臣より伝統的工芸品産業に指定される
1977年 壺屋陶器会館ができる
1979年 第1回壺屋陶器まつり開催、その後毎年開催
1980年 このころ、仁王窯の登り窯取り壊す
1982年 恩納村の谷茶に製土工場ができる
1985年 金城次郎が国の重要無形文化財保持者「人間国宝」に認定される。
1998年 壺屋に那覇市立壺屋焼物博物館ができる
2000年 壺屋やちむん通りに第11回那覇市都市景観賞受賞
2002年 壺屋の新垣家住宅(主家、作業場、離れ、宅地、東ヌ窯(アガリヌカマ))が、国の指定文化財(建造物)に認定される
2003年 沖縄都市モノレールが開通、各駅に壺屋焼シーサーを設置
2011年 那覇市さいおんスクエアに壺屋焼巨大シーサーの設置
赤字は壺屋焼の事項
青字は当組合の事項

沖縄の珍しい陶器

シーサー
沖縄では獅子のことをシーサーと呼称し、古くから屋根などに置き魔除けとして置かれていた。艮(東北)に向ければ暴風の災難を除き午(南)に向ければ火難の火伏せとなるといわれている。
  大方の瓦屋根は最近無くコンクリート健の屋根や門柱の上に置かれている。あと装飾品として玄関の置物として愛用されている。その置き方は開口が勇ましいことから「雄」、閉口が「雌」とされている。
 シーサーの根源をたどり着くと古代オリエント時代にさかのぼる。古代オリエントではライオンの造形が数多く作り出されておりそれらのライオンの造形がユーラシア大陸の永い時をたどり様々な民族間を、シルクロードと大きな歴史の流れの中で次々に姿や形を変えながら中国福建省から琉球にだどり着いたといわれている。ちなみに朝鮮半島から日本に着いたのが神社とかにある「狛犬」といわれている。

ダチ ビン
抱瓶
  抱瓶は中国や朝鮮の影響を受け沖縄で発達した携帯用酒器であり、形が三日月型の内側を手前にして左先端に注口、中央に口、外面両側に耳をこしらえ、その耳に紐を通して肩からつるして持ち歩けるようにしてある。主として地方の豪族たちが、持ち山を巡回したり、競馬を見に行くときなどに携帯されたものといわれる。昔は抱瓶比べ等も行われたようで、そのためか象嵌、線彫、流し釉、筒描き等種々の技巧がこされている。
明治以降は本来の用途として用いられていないが、現在では置物壁掛け、一輪生けとして装飾用として用いられている。

カラカラ
  カラカラは昔、沖縄の酒好きのお坊さんが酔うと徳利を倒しお酒を溢すことから倒れることない徳利をつくりたいのがはじまりで、備え餅をヒントに考案したのが現在のカラカラである。今でも沖縄の居酒屋では使用されている。
  名前の由来は二通りあり、一つがこれが思いのほか評判がよくあちこちから「カラァ、カラァ(貸せ、貸せ)」と声がかかったのでそういう名前がついたのと、音が「からから」と鳴るからと言われている。

イシガントウ
石敢當(石敢当)
  元々は中国伝来の風習であり、泰山の頂上にも石敢當は存在している。
 名前そのものは中国の後漢時代に如何なる者でも打ち負かしたという強勇な人の名であるが、その人の名前を石に刻んでT字路や三叉路の突き当たる屋敷等に立て魔除けになるということで昔からの習慣である。
  沖縄だけではなく日本全国各地、台湾、シンガポールの一部にも残っている。

ズシガメー
厨子甕
  沖縄では、かつて亡くなった人の遺体を火葬せずに棺桶に入れ墓に納めていた。そしてその死後何年かたってから洗骨しその骨を納めたのが厨子甕である。現在でも使用されているが火葬して骨を納めている。そして死者の名前を書くことで誰のかが分るようになっている。

ユシビン
嘉瓶
 沖縄では祝い事に泡盛を贈るときにこの泡盛の容器として使用された沖縄独特の酒器である。名前の由来は「かりゆし(めでたいこと、縁起がいい)」に由来するといわれている。

組合情報

壺屋陶器事業協同組合

〒902-0065
沖縄県那覇市壺屋1-21-14
TEL.098-866-3284
FAX.098-864-1472